パレットからの
ご案内・お知らせ

社会福祉支援研究所 両角康史氏講話


こんにちは
新年度になりましたパレット稲毛海岸。
4月12日に社会福祉支援研究所の両角康史氏に講話に来ていただきました。

 

今回の講話では

・就労移行支援の現状とこれからの展望。
・長期就労していくためのコツ

以上の2点をパレットの皆さんにお話しくださいました。

就労を目指す皆様には二つ目の長期就労のコツが気になるでしょうか。

そのコツとは
長く勤められる人に共通している人に共通している

 ①継続的に事業所に通えているか
 ②ストレスを溜め込まないための手段を持っているか
 ③求められるスキルを身に付けているor付けられるか
 ④就職する前に職場体験や見学などをさせてもらえるか

というポイントを自分が押さえられているかが重要ということでした。

どれも聴いていて成る程、と素直に納得できるものでした。簡単にすると、
①は事業所に通い続けることが会社に通う体力を養い
②は職場でも家庭でも、自分が受けたストレスをどう解消するか、ストレスの発生原因(ストレッサー)にどう対処するのかが重要
③は実際に働くにあたって職場で必要なスキル・資格があるか、また、それを学習していけるだけの余裕があるかということでした。
④は希望している職場の実際を知り、そこで働く自分をイメージすることで実際にここで働いていけるかの大きな判断材料となります。

両角氏の講話を聞いた後、皆さんの雰囲気が明らかに違い、やる気に満ちたものになっていました。これを糧として職員も利用者の方々と一緒に成長していこうと思った講話でした。

障がいを持ち就職にご不安をお抱えの方、職員一同お待ちしてます。