パレットからの
ご案内・お知らせ

『銚子電鉄 ぬれ煎餅駅』でぬれせん手焼き体験🍘


こんにちは!本部長の長谷川です。

昨日の強風はどこへやら、すてきな快晴日となりました(めちゃ暑い!)。

今日はパレット銚子お楽しみのイベント日。

みんなで『銚子電鉄 ぬれ煎餅駅』にぬれ煎餅の手焼き体験に行ってきました!!

銚子とぬれ煎餅(ぬれせん)の縁は切っても切り離せぬ関係。

 

《銚子市は、米の名産地であると共に醤油の名産地であり、古くから煎餅を作るところが多く、近隣に煎餅の観光名所もある煎餅の産地でもある》(Wikipediaより)

《千葉県銚子市の地方私鉄である銚子電気鉄道(銚電)は、1995年より「銚電のぬれ煎餅」(登録商標)の名でぬれせんべいを製造販売している(「せんべい」部分が漢字)。慢性的に経営難という問題を抱え続ける同社の増収策として位置づけられ、先行して参入していた「イシガミ」が銚電を支援するため無料で技術を指導した。》(Wikipediaより)

 

地方私鉄会社のぬれ煎餅製造参入と、一生懸命お煎餅を焼く車掌さんの姿ははテレビなどでも報じられ、話題になりましたよね。

 

4年前にできたこの『銚子電鉄 ぬれ煎餅駅』(名前は駅名のようですが、実際は建物です)では、さまざまなお煎餅が買えたり試食ができるほか、

 

なんとっ!!

 

ぬれ煎餅の手焼き体験ができちゃうんです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

さっそくトライしてみましょう!!

まずは焼き方を教えていただきます。

 

焼く前は小さいのですが、

 

くるくるひっくり返しながら焼いているとこのくらいの大きさになります。

 

焼き色がついたら一瞬タレにひたします。

この「一瞬」というのが大事だそう。

欲張ってずぶずぶ浸しすぎてしまうととてもしょっぱくなってしまいます!

 

じゃーん!! 完成!!

 

どうでしょう、まるで売り物のようではありませんか!笑

 

焼きたてのぬれ煎餅はさくさくしています。醤油の香りがとっても香ばしい!!

 

家族のお土産に大事につつんで持って帰る人・・

マヨネーズ、胡椒、七味など思い思いの調味料を使い、自分の味を追求する人・・

うまく焼けた人、焼けなかった人笑・・

みんなでたのしくリフレッシュできて、

銚子の魅力を再発見することができました。

 

銚子にお越しの際はぜひお立ち寄りいただき、

銚子が誇るぬれ煎餅の味をぜひ一度お試しください♬

 

◎銚子電鉄ホームページ

http://www.choshi-dentetsu.jp/

◎銚子電鉄 ぬれ煎餅駅

http://www.choshi-dentetsu.jp/detail/spot/25