パレットからの
ご案内・お知らせ

「続ける技術」を養う「PDCAサイクル」


明けましておめでとうございます。

就労移行支援事業所パレット稲毛海岸の河合です。

 

新年あけましたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

「新年」という言葉には、「新しい」という言葉が含まれていますが、

もちろんすべてが新しくなるわけではありません。

 

むしろ、新しいことの方が少なく、

結局自分の何かが変わったわけでもなく、

去年までの日常がの続きなわけです。

 

年始の楽しい雰囲気から勘違いを起こしがちですが、

去年までの悩みが急になくなるわけでもなく、

今年になったからっていきなり素敵な自分にはなれないのです。

 

そう考えるとやはり、こつこつと「続ける」ということはとても大切です。

 

今日はそんな「続ける」ための仕組み「PDCAサイクル」の講座が行われました。

職員平田によるPDCAサイクル講座

河合のメモ書き

PDCAとは、

P 計画 予定を立てる

D 行動 やってみる

C 評価 できたかどうか?良かった点悪かった点を確認する

A 改善 悪かった部分を改善するのかを考える

 

この一つのサイクルを回して、目標を達成していきます。

 

コツは、自分にとって重要な目標だけをPDCAに当てはめていくこと。

たくさんやろうとすると辛くなってしまうので、

簡単な目標一つから始めてみましょう。

 

<今日使用したもの>

真っ白な紙が1枚

今週の計画を立てるための紙が1枚

 

この2枚の紙を使って、

去年までの振り返りと今年の抱負を記入しました。

 

<例>

目標:パレットに10:00に来る

P 計画 夜24:00までに寝て、朝は8:00に起きる

D 行動 じっさいにその通りの時間に寝起きする

C 評価 起床就寝時間が守れていたか?確認する

A 改善 守れていなかった理由と10:00に起きるのが現状可能かどうか?

ここで10:30に設定しなおしたり、してもよい。

 

こんな感じです。

 

実際にやってみましたが、皆さんご自身の課題をしっかりと把握されていて、

去年の課題を引き続き今年の課題にされていらっしゃいました。

 

去年の反省を生かしつつ、今年も同じ課題に取り組まれるようです。

 

年が変わって全てが新しくなるわけではないけれど、

一年に一度の大きな区切りを利用して、

振り返ったり、見つめなおしたり、

計画を立てていくのはとても良いことだなぁと感じました。

 

ぜひみなさんもやってみてください。

やり方が分からない方はパレット稲毛海岸でご一緒にどうぞ♪

 

 

個別のご相談、ご見学、講座のご体験を

希望の方は、こちらをクリック♪
お電話 043-305-5053 でも受け付けております。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

生活支援員 河合