パレットからの
ご案内・お知らせ

利用者様からの投稿「歩いて帰ろう」


こんにちは☀

パレット稲毛海岸の河合です☺

 

なんだか寒かったり暑かったりして、

身体も疲れやすい日が続いていますが、

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

本日も利用者さまyou-tenさんからの素敵な記事を

ご紹介したいと思います♪

どうぞ、最後までお楽しみくださいませ!

 

*************************************************************************

心にゆとりが無い自分に自信が無い時に私は、

よくシンガーソングライター斉藤和義の曲

「歩いて帰ろう」を口ずさみながら歩いています。

特に、この歌詞がお気に入りです。

 

「走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく

 誰にも言えない事は どうすりゃいいの?おしえて

 

 嘘でごまかして 過ごしてしまえば

 たのみもしないのに 同じ様な朝がくる

 

急ぐ人にあやつられ 言いたい事は胸の中

寄り道なんかしてたら 置いてかれるよ いつも

 

走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく

僕は歩いて帰ろう 今日は歩いて帰ろう」

 

この曲を口ずさむことで心が落ち着き、

のんびりした気持ちになります。

 

障がいを抱えながらも

「自分らしく生きたい」「働きたい」「勉強したい」など

様々な希望はあるが「自分は他人とは違う人間なんだ」

と思い込んでなかなか行動出来ず、

悩み苦しんでいる人がたくさんいらっしゃるかと思います。

 

でもそれは自分自身の内なる偏見で、

悩む必要がないかもしれません。

 

まずは、今ある悩みを少しでも楽にすることが先決で、

大事な決断などは焦らず、後回しにし、

すぐに決めないことも大切だと思います。

 

無理をすれば自分自身を見失ってよい結果を

得られない事もあるでしょう。

 

そのような時こそ一度立ち止まって、

またゆっくり歩きだす事で、今の自分に何ができ、

何をやるべきかが見えてきそうな気もします。

 

そして、少しずつでもいいから、

一歩踏み出す勇気も必要ではないのでしょうか?

written by you-ten

*************************************************************************

you-tenさん、今日も素敵な投稿をありがとうございました。

you-tenさんは、日々読書や資格の勉強をされる中で、

レポートを書かれる中で、

語彙力、表現力、文章の構成力、Wordの使い方など、

さまざまな技術を身に付けられています。

 

今日もパレット稲毛海岸はたくさんの利用者様に支えられて

運営しております。

 

個別のご相談、ご見学、講座のご体験を希望の方は、

こちらをクリック♪
お電話 043-305-5053 でも受け付けております。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

生活支援員 河合