パレットからの
ご案内・お知らせ

自分と人を比較して落ち込まないために


人と比較して落ち込むことはありますか?

 

人と比較して落ち込むのは、

無意味だと分かっているけどやめられない!

 

そんな人も多いのではないのでしょうか?

 

では、人と比較することをやめるには、

どうしたらいいのでしょうか?

 

隣の芝は青く見えることを理解する

「隣の芝は青く見える」ということわざがあります。

人の良い部分だけ切り取って、

表面上だけで判断している状態です。

 

うらやましいなぁと思う部分は、

その人はとても苦労して得たものかもしれないし、

維持するために、

たくさんの労力や時間を割いている可能性が高いです。

 

表面上だけ見てうらやましいと思うことは、

その人の苦労や工夫を知らないから湧いてくる感情。

 

人がうらやましく感じた時は、

その人がどんな苦労や努力をしているのかを

少しだけ想像してみて下さい。

 

それを想像してみても、

その人のようになりたいと思うなら、

「どんな努力をや苦労をしているのか聞いてみる」

「同じく努力をする」

「できないことをあきらめる」

等の選択ができるかもしれません。

 

ただ、ここで大切なのは、

その人とあなたの生まれ育った環境、キャラクターは

まるっきり違います。

同じやり方ではうまくいかないことが多いです。

あくまで参考程度にしましょう!

 

それでも比べてしまう

「でもどうしても人と比べてしまうんです。」

ということであれば、

今よりも丁寧に人と比べてみるのがおすすめです。

 

丁寧にってどういうこと?

比べないほうがいいんじゃないの?

 

という疑問を持たれた方もいるかと思います。

 

例えば

Aさんは〇〇ができる

わたしは〇〇ができない

 

の2択ではなく

 

Aさんは〇〇を持っているからBができる

わたしは〇〇がないからBができない

 

という感じです。

 

ただ、「できる」「できない」で比較するよりも、

丁寧に比べた方が、

 

「じゃあ〇〇を手に入れるにはどうしたらいいかな?」

「わたしにとっての必要なサポートはなにかな?」

 

等、もう少し具体的に悩むことができます。

 

もしかしたら、

〇〇はもう手に入らないものかもしれませんが、

手に入らないなら

手に入らないなりのやり方はいくらでもあります。

 

自分の心地よさを一番に考える

人のことをうらやましがったり、

気にしてばかりいると、

自分の気持ちや感情、幸せを無視ししてしまうことになりかねません。

「自分の機嫌を保つにはどうしたらいいか?」

それを最優先しましょう!

 

しかし、ここで勘違いしてはいけないのは

自分の幸せのために人を故意に傷つけたりしていい

というわけではないです。

 

周りの人もそれぞれ自分ファースト

生活していることを心に留めてながら、

自分の感覚を大切にしていきましょう!

 

そんな綺麗ごと言われても

そう思った方もいるかもしれません。

 

人間には波があります。

 

「調子のよいときもあれば、悪い時もある」

 

今は調子がわるいんだな

自分を労わろう

 

それで大丈夫です。

 

「生きているだけで価値がある」

 

それを忘れないでください!

 

ご利用検討中の方へ

パレット稲毛海岸は、一人ひとりの個性を尊重し、

ひとりひとりプログラム内容が違います。

 

プログラムは、基本的に自由参加で、

自分で考え自分で行動できるような仕組みづくりを

日々模索しながら運営しています。

 

社会で必要な「自主性」「自立性」を養いたい方は、

ぜひ一度ご相談ください。

 

パレット稲毛海岸で開催中のプログラムに

ご見学・ご体験いただけます。

 

詳細が気になる方は、

お気軽にお問い合わせください。

 

個別のご相談、ご見学、講座のご体験を希望の方は、

こちらをクリック♪

お電話 043-305-5053 でも受け付けております。

 

パレット稲毛海岸 河合