パレットからの
ご案内・お知らせ

一年に一度!『水工研🎣』


みなさん、はじめまして(^^)

今回は、パレット銚子に入りたての高橋がはじめてお届けします!

先日、パレット銚子では【水産工学研究所】に行ってきました!

普段見ることの出来ない施設の一年に一度の一般公開ということで、参加されるみなさんはとても楽しみにされていました(^^)

まず、入口で出迎えてくれたのは『水産総合研究センター』のキャラクターふっくん!

利用者さんからは可愛いという声が多く、その中のひとりが、この日参加することができなかった職員の青柳さんに似ているといい、ずっと「青柳さーん!」って呼んでいました(^^)

見学でまず最初に向かったのは、<大洗水族館の展示ブース>

ここでは、サメに関する展示をしていたのですが、みなさん、これ知ってますか?

実は、サメの卵なんです!!実際に触ることが出来たので、みなさん興味津々に触っていたのですが、見た目や匂いがしないことから、卵には見えないと驚いていました(>_<)

そのあと、利用者さん・職員で記念に缶バッジを作りました!絵柄はみんな一緒なんですけど、自分で色を塗ってつくるので、楽しそうに作業されていました(^^)ひとりひとり個性がでていて、いろんな缶バッジが出来ました(≧∇≦)

次に向かったのは、<機械実験棟>

ここでは、漁船の省エネ研究についてお話を聞いたり、人の代わりに魚を釣るカツオ自動釣り機の実演をみてきました。外では実際にカツオ釣りに使っている釣り竿に本物と同じくらいの重さの人形をつけて釣り竿を振る体験をやっていたのですが、体験した利用者さんは「竿の長さが4メートルあって遠心力がかかるので、ものすごく重かった💦」と言っていました。

その横では、小さないけすを使った釣り体験もやっていて、挑戦された職員の長谷川さんは釣ることができてすごく笑顔になっていましたが、中には「意外と難しい💦」と釣り上げるのに苦戦されている方もいました(>_<)💦

今回参加されたみなさんからは、「面白かった!」「すごく楽しかった!」「来てよかった!」という声をたくさんいただきました!

パレット銚子では、このような外出イベントや事業所内で出来るイベントなどを企画して、利用者さん同士でコミュニケーションを取ったり、協力していろんな事に挑戦したり、楽しく活動しています!