パレットからの
ご案内・お知らせ

ライフスキルトレーニング❓ソーシャルスキルトレーニング❓ ~調理イベント編~


WHO(世界保健機関)では「日常の様々な問題や要求に対して、より建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」と定義し、ライフスキルを10項目で挙げています。
意思決定や問題解決、ストレスマネジメント、効果的なコミュニケーションをはかる対人関係スキル・・など。
うん、ちょっと難しい(-ω-)

サクッと2分程で全文を読めるようになっているので是非、最後までおつきあい下さいね♪

パレット銚子では「一人ひとり必要としているスキルやトレーニングは違うよね」と考えているので一般的なライフスキルではなく

取捨選択
体調管理
身だしなみ
コミュニケーションの取り方
外出時の移動能力やマナー
報告・連絡・相談

などなど、職業準備性ピラミッドを基にして講座やイベントプログラムを行っています。

就労の先には、独居にしても同居にしても自立・自律した生活があるという考えのもと、その一つとして今回取り上げる「調理イベント」があるのです(^^)

職業準備性ピラミッドで照らし合わせると土台の部分、心と体を管理する力なのですが、体調管理や食事をきちんと摂るだけ・・ではないのですよね。

 

自主性

利用者の皆さんからの声「これやってみたい」、「これ作ってみたい」との自主性を大事にしたい!

どんどん自分の意見を伝えましょう。伝え方の講座もありますよ(^^)

 

 

 

仕事と直結する構造。

他者と一緒に調理をするには報・連・相も必要となり、コミュニケーションを図りながら共同作業を行う技も必要です。

・「これ作ってみたい」➡企画・会議
・「一人分いくら?」➡予算
・「材料の買い出し」➡準備
・「作る工程」➡業務
・「洗い物」➡清掃業務

 

 

食生活って大事!
就労するうえでも必要なのは、自分の身体や心の状態に耳を傾け大事にすること。自身で体調を管理できるといいですよね。
今年に入ってからは食品交換表を用いて、自分たちでメニューを考え調理を行いました。
感染症予防を意識して第一弾は「豚肉の生姜焼き」

✔基礎体力をつけ細菌やウイルスへの抵抗力を高めてくれるといわれる【たんぱく質】は、みそ汁とメインの豚肉で。
体力の消耗を防ぎ、回復を助けてくれるといわれる【ビタミンB1】も大豆や豚肉に含まれています。

✔喉や鼻の粘膜を強くするのを助けてくれる【ビタミンA】の人参も投入!
β‐カロテンは体内でビタミンA作用に変換してくれるそうですよ。

✔キウイに含まれる【食物繊維】は腸内環境を整えてくれるので免疫力アップに期待。皮膚や粘膜を強くするのを助けてくれ、こちらも免疫力を高める手助けをしてくれる【ビタミンC】も含まれていますよね。

毎回は大変でも、週のうちの1食でも自分の身体に関心を向け労わることが出来るように意識してみて下さいね。

第二弾は大根しばりでメニューを考えていたはずが・・・
ハンバーグ(しめじあんかけ)大根おろし添えとなりました(笑)

ご興味持たれた皆さんも、次回の調理イベントに参加されてみませんか?

パレット銚子では見学・体験を受け付けております。

お電話やメールでお問い合わせくださいね。

 

生活支援員  北舘