パレットからの
ご案内・お知らせ

オンライン講座~おくすり調べ~


本日は「薬の管理」に特化した講座についてです。職業準備性ピラミッドに照らし合わせると【心と体を管理する力】にあたる部分ですね。
パレット銚子でも在宅訓練+通所訓練と、平時では体験出来なかったことをみんなで一緒に取り組んでいます。

この日は私が在宅勤務日だったこともあり、今回は自宅からZOOM(web会議アプリ)を利用しオンライン講座を開催しました。
今回のブログもサクッといきたいところですが、今日は5分程度くださいね(‘ω’)

 

通院して服薬をされている方も多いのですが、面談時や普段の会話のなかで自身が服用している薬がなんの為に処方されているのか、どんな効能があるのかを把握してないかな~と、感じることがあったのでZOOMの共有画面を使い薬剤師さん監修の映像教材をみて服薬の注意点を再確認したり、就労した際に「〇〇のような場面ではどうする?」などの服薬についてのクループワークを行いました。例えばこちら(^^)/

1. 処方薬の飲み忘れ防止でしていることはある?
2. 外出時の服薬はどうしてる?
3. 食間(食事と食事の間)の薬が出ている時はどうする?

 

1については、「スマホのアラーム⏰💥設定している」「ご飯をちゃんと食べるようにしている」等の意見が出ていました。

いいですね(^^)
皆さんそれぞれが工夫していますね!
うまく活用されていると思います。今は服薬を管理するアプリもあるみたいですので、自身のやり易い方法を見つけてみて下さい。
「ご飯をちゃんと食べる」これも心と体を管理する力の1つ、組み合わせた方法ですね!ご飯と一緒に薬も卓上に用意する。人間、時には食欲が出なくなる時もあると思いますが取り組みたいですよね。
他にはおくすりカレンダーやピルケースを利用する方法もあります。

 

2については1に準じる部分もあるのですが、「そもそも外出時に持っていくことを忘れちゃう(T□T)」なんて意見もありました。

普段持つバッグ内に常日頃から1回分は予備を入れておくといいですよね。車の中でもいいのですが、くれぐれも直射日光や高温には気をつけてくださいね。
外出先で友達と盛り上がってしまって、ついつい忘れちゃうなんてこともあると思いますが、時間があまりにも過ぎちゃった場合は主治医や薬剤師さんに確認し指示を仰ぎましょう。次回受診の際にあらかじめ確認しておくといいですね。

 

3については、「飲まない」「水を飲むふりしてこっそり一緒に飲む」等の意見がありました(笑)

やめましょう(笑)

オープンで就労を目指している方は合理的配慮をお願いするようにしましょう。その場合、応募時や面接時に自身で説明出来ることが望ましいので、処方薬についての理解・自身の障がいや病気についての理解が必要になってきます。
クローズでの就労を目指している方は主治医にその旨で相談しましょう。就労時にその時間帯で服薬することが難しいかもとお伝えすると治療方針を考えて下さいます。

薬剤情報を見ないで捨てちゃうなんて意見もありましたが、処方薬がどんなものなのか理解することは、障がいや病気を自分自身でしっかりわかっていないと難しかったり、逆も然りで、自身の障がいや病気を自分自身で理解することは、処方薬を服薬する大切さを理解することに繋がると考えています。
複数の受診をすると門前薬局で済ませがちですが、かかりつけ薬局やかかりつけ薬剤師さんを決めておくのも、自分の相談にのってもらえる頼もしい味方になってくれますよ!

 

パレット銚子  北舘