パレットからの
ご案内・お知らせ

就労移行支援事業所パレット銚子~布マスク作り~


こんにちは!ほとんどの県で緊急事態宣言の解除が行われましたね。

千葉県は特定警戒地域ですので、本日現在も解除には至っておりませんが、今日はちょっと振り返って先月からの出来事を書いてみようかなと思います。

4月・・・事業所のマスクが品薄になった際に布マスクつくりを行いました(*^^*)


お薬手帳カバー作りで余った布を使い、初めてのミシン体験をされた方もいらっしゃいました。

プリーツタイプを作成したのですが、男性利用者さんも巧緻性の高い方はすんなりと作りあげることが出来ましたね。女性利用者さんはさまざまな工夫がみられました。ミシンの台数に限りがあったので持参してくれた利用者さんもいらっしゃいましたし、日数を設けたらたくさんの利用者さんが参加されました。自身が参加されているNPO法人で作成した立体マスクを提供してくれた利用者さんもいましたよ☆ありがとうございます。正しく自助、共助が発動!

 

不安が強かった4月前半、某あんこがつまったキャラクターやママの味のキャラクターの布を使い、教えていた支援員も利用者さんも「どこでつけるのー?」「事業所の中!」なんて、大人たちが楽しんで笑いながら作業です。このコロナ禍が私たちにもたらすものがマイナスの側面だけでは悲しすぎますよね。発想の転換で楽しむことも出来るのです(^^)

 

 

 

マスク作りは手指の巧緻性を高めるだけではなく、案外無心になり集中して行うことが出来た利用者さんも多かったので、ものつくり・作業系への職種も視野にいれられた良い機会になったかと思います。

その後、現在時点も国からの配布マスクが届かない事業所に、パレット稲毛海岸から緊急物資として届いた不織布マスクをすべての利用者さんに配布することができています。ありがとう、稲毛海岸!大事に使っています(T□T)

 

5月・・・本格化した在宅訓練で引き続きマスク作りを訓練に取り込まれている利用者さんもいらっしゃいます。これからの緊急事態宣言が解除された日常にもマスクが必須な生活は続き、大分入手しやすくなってはきていますが高騰が長引くことも見込まれるでしょうから、今月は冷感タイプのものをどうにか作成したいなと考えています。

こうすると何か思い出しませんか?そう!PDCA(*^^*)

1. PLAN(計画)
2. DO(行動)
3. CHECK(評価)
4. ACT(改善)

あらゆる場面で感じることがありますよね。

 

自宅からオンライン参加している利用者さんや支援員を見渡すとマスク姿はなく、久しく見れていなかったすべての表情を見ることが出来て嬉しく思いますし、安心・安全の中でご利用して頂けているな、ますます早く終息しますようにと、願わずにはいられませんね。

ステイホームの重要性を再認識しつつ、今だからこそ出来ること、一緒に体験していきましょう!

 

パレット銚子 北舘